転職志向者集合!ネットワークエンジニアになるには

概要や種類をご紹介。ネットワークとは

ネットワークとは

ネットワークとは

ネットワークの基礎を学ぶ上で、まず最初に理解しておきたいのが「ネットワークとは何ぞや?」ということです。ネットワークとは何かを、わかりやすく説明します。

複数の間をつなげる網がネットワーク

ネットワークを日本語で言い換えると、情報網 です。 人間同士のネットワークは、網状の組織と言い換えることができます。ネットワークとは、それ単体で存在するものではなく、複数の何かを相互につなぎ合うものとなります。ここでは、情報通信網を意味するネットワークに的を絞って解説していきます。
複数の機器間をケーブルや無線、赤外線など伝送するためのメディアを介して何らかのやりとりができる状態にあることをネットワークといいます。インターネットも、世界規模の巨大ネットワークのひとつです。各ネットワークは通信技術上のルールである通信プロトコルのもとで動作します。

ネットワークの種類

ネットワークには、その規模やつなぐ範囲、つなぎ方などによって、いくつかの種類があります。 ●Internet(インターネット) おなじみのインターネットです。世界中のコンピュータをつなぐネットワークです。インターネットでは通信プロトコルとしてTCP/IPが使用されています。 ●Intranet(イントラネット) インターネット技術を応用することで、限られた特定の範囲内のコンピュータをつないで構成するネットワークのことをイントラネットといいます。特定の人しか利用できないクローズなネットワークです。 ●Extranet(エクストラネット) エクストラネットとは、イントラネット同士をつなげるネットワークのことです。

●LAN (Local Area Network)
同じ建物の中など、物理的に隣接している場所の中で機器同士をつないだネットワークのことをLANといいます。企業や店舗内で同じ建物内のパソコンやプリンターなどをつなぐネットワークを社内LANと呼んだりします。

●WAN(Wide Area Network)
物理的に離れた場所同士をつなげるネットワークで、比較的規模の大きいものをWANといいます。たとえば、全国に支店を持つ企業などでは、支店ごとのLAN をWANでつないだりします。光ケーブルや公衆網などを使用してつなぎます。

機器同士をつなぐための伝送メディア

機器同士をつないでデータをやりとりできる状態をネットワークと呼ぶのですが、そのつなぐ役目を果たすものを伝送メディアと呼びます。機器同士を物理的につなぐケーブルの他、目に見えない無線なども伝送メディアにあたります。

人気の記事