転職志向者集合!ネットワークエンジニアになるには

ネットワーク未経験者がネットワークエンジニアになるための方法をご紹介

カテゴリ名

未経験からネットワークエンジニアになるには

業界全体が新しいネットワークエンジニアを求めており、未経験者でも採用される可能性は十分にあります。職務経歴書作成のポイントや、面接対策など、未経験者がネットワークエンジニアへの転職に成功するために役立つ情報を紹介します。

未経験からネットワークエンジニアになるための職務経歴書

ネットワークエンジニアの未経験者が採用されようと考えた場合、職務経歴書にも工夫をすることが必要です。これまでの経歴については正確に記入しつつ、そこで積み上げた実績をアピールしておくことも重要です。最もアピールできるのは自己PRの欄です。未経験だからこそのエンジニアになりたいという熱い思いとその企業に勤めたいという気持ちを書き綴ることが必要です。さらにただ資格をもっているだけではなく、実機を使った検証など一歩進んだ経験についてアピールできると尚良いのではないかと思われます。

詳しくはこちら

未経験からネットワークエンジニアになるための面接

未経験からネットワークエンジニアに転職するときに最大の関門となるのは面接です。この面接をうまくこなすには、まず事前の準備を十分にしておくことが重要です。さらに本番では面接官(企業)に興味を持つことで緊張をほぐし、相手にも好意をもってもらうことができます。面接になると失敗する、緊張するという場合は、希望企業以外の面接を複数受けてみることで、本命の企業の面接を受ける前の練習とすることができます。面接を成功させるいちばんのコツは慣れることなのです。

詳しくはこちら

未経験者向けネットワークエンジニア求人内容

最後に、未経験者でも採用されるチャンスのあるネットワークエンジニア求人の具体的な例を紹介します。ネットワークインフラを生業にする企業にとって、優秀なネットワークエンジニアは経営資源です。未経験者でもしっかりとした研修期間をもうけ、一人前のエンジニアに育成する体制をもつ企業も少なくありません。企業は今後ますます人材育成に力を入れるようになることでしょう。ネットワーク業界は今後の成長分野でもあり、ネットワークエンジニアとしての技術とスキルを身につければ、そのスキルは一生ものです。未経験者可で研修環境が整っている企業の求人を見つけたら、ぜひチャレンジしてみてください。

詳しくはこちら

人気の記事