転職志向者集合!ネットワークエンジニアになるには

仕事内容や必要なスキルをご紹介。ネットワークエンジニアとは?

カテゴリ名

ネットワークエンジニアとは

まずは、ネットワークエンジニアという仕事のアウトラインから解説します。
ネットワークエンジニアは、あらゆる情報システムの基盤となるネットワークの構成や設計、設定などに関する専門知識とスキルを持つIT技術者です。ネットワークエンジニアが持つ知識とスキルは情報システムを構築する上で欠かせません。未経験からチャレンジするのであれば、資格取得を目指すのも良いでしょう。

ネットワークエンジニアという仕事

ネットワークエンジニアの主な仕事は、ネットワークインフラの設計、構築、運用管理です。顧客が求めるシステムを設計し提案するのが設計です。適切な機器を用いてネットワークを設計し、それを提案・説明します。その設計を受けて実際に現場で機器を配置したり設定したりするのが構築です。微細な箇所への配慮が問われます。そして構築されたネットワークの構成を変える必要があるときに、機器の設定や構成を変更するのが運用管理です。トラブルの調査を行うこともあります。これら全般をこなすためには、サーバや各種接続機器などのハードウェアも含めたネットワーク全般の幅広い知識が必要になります。

詳しくはこちら

ネットワークエンジニアに必要なスキル

ネットワークエンジニアになるためには、言うまでもなくネットワーク技術に関する専門知識とスキルがまず必要です。ネットワーク技術の範囲では、IETFやIEEEなど、標準化されているネットワーク技術からまずしっかりと身につけることです。ネットワーク技術以外には、コンピュータ全般に関する知識も必要です。ネットワークの上でどのようなアプリケーションがどういう通信形態でどんな風に動作するのかを理解し、把握する必要があるためです。そして、技術面以外に必要となるスキルは、やはりコミュニケーションスキルなどを代表とするヒューマンスキルです。

詳しくはこちら

ネットワークエンジニアになるためにとる資格

未経験者がネットワークエンジニアへの転職を成功させるなど、ネットワークエンジニアをこれから目指すにあたっては、何かネットワークに関する資格を持っていると強力な武器になります。IT技術者の業界には各分野ごとに多数の資格があり、その技術分野に関する一定のスキルと知識を有することを客観的に証明できるようになっています。ネットワークエンジニアにとってもっとも有名な資格といえば、シスコ社の認定資格でしょう。未経験者がネットワーク技術の基礎を学ぶためにも最適な資格が、シスコ技術者認定資格のうちの初級者向け資格であるCCNAです。

詳しくはこちら

人気の記事