転職志向者集合!ネットワークエンジニアになるには

技術スキルはもちろん、ネットワークエンジニアにはヒューマンスキルも必要です

ネットワークエンジニアに必要なスキル

ネットワークエンジニアに必要なスキル

ネットワークエンジニアにとって必要なスキルをチェックしておきましょう。技術スキルはもちろん必要ですが、技術スキルと同じぐらい重要になるのがヒューマンスキルです。

ネットワーク技術

標準化機関によって規格化されている、IETF,IEEE,ITUといったネットワークの標準技術に関する知識は基礎として身につけておく必要があります。これらの標準化技術も、日々進化し、新しい技術が取り込まれているため、常に最新情報をチェックして自分自身の知識とスキルを更新していかなければなりません。
基礎をしっかりと身につけることで、応用がきかせられるようになり、自身の経験とスキルの幅も広げやすくなっていきます。
実務をこなす上では、あらゆるメーカーのネットワーク機器を取り扱うことになっていきますが、それら機器の設定について完璧に記憶する必要はありません。経験の中でひとつずつ身につけていけばOKです。

コンピュータ技術

ネットワークエンジニアの守備範囲はネットワーク構築ですが、ネットワークは、各情報システムの土台であるということを常に念頭において構築していかなければなりません。構築するネットワーク上でどのようなコンピュータシステムが動作するのかということを意識することによって、より最適なネットワーク構築を考えることができるようになります。ネットワーク上に乗るアプリケーションがどのような通信形態で動くのかということを把握するためには、サーバを含む各種アプリケーションなど、コンピュータ全般に関する知識も必要不可欠です。
情報システムに不具合がおきた場合、まず最初に疑われるのがネットワーク部分であるということも覚えておきましょう。

ヒューマンスキル

ネットワークエンジニアは常にチームワークで業務にあたります。ネットワークはあくまでも土台であり、ネットワークだけがあってもその役目を果たしません。ネットワークという土台の上にアプリケーションなどの情報システムが乗っかり正常に動作することで、ユーザーのニーズを果たすシステムとして完成します。
ネットワークエンジニア同士のチームワークも必要であると同時に、プロジェクトメンバーとなるプログラマ、SE、プロジェクトマネージャなどとのコミュニケーションも必要になります。コミュニケーション能力や、調整能力などのヒューマンスキルは、業務をスムーズにすすめるために必要不可欠です。
また、ネットワークエンジニアには、システム全体を見渡せる広い視野も求められます。構築時もさることながら、障害や不具合発生時のトラブルシューティングの際は特に広い視野を持つことが大切です。

人気の記事