転職志向者集合!ネットワークエンジニアになるには

最初に目指すのは CCNA。ネットワークエンジニアの初級資格です

ネットワークエンジニアになるためにとる資格

ネットワークエンジニアになるためにとる資格

未経験からネットワークエンジニアを目指すのであれば、ネットワーク技術の認定資格にチャレンジしてみるのも良い方法です。未経験者や初心者におすすめの初級ネットワーク技術資格を紹介します。

ワールドワイドな民間資格、シスコ技術者認定

シスコ(Cisco)社の認定資格は、ネットワークエンジニアのメジャーな資格です。シスコシステムズは、ルータなどのネットワーク関連機器分野でトップシェアを誇る世界最大のネットワーク機器メーカーで、各種ネットワーク関連の技術者認定資格試験を運営しています。シスコの技術者認定資格には、いくつかの種類がありますが、初心者におすすめのネットワーク技術認定資格がCCNAです。

CCNAとは?

CCNAとは、Cisco Certified Network Associate の略で、ネットワーク技術の業界ではもっとも有名な資格と言って良いでしょう。CCNA資格を取得できれば、ネットワーク構築と運用管理に関するある一定以上の能力を保有していることを客観的に証明することができます。CCNA試験では、TCP/IPの基礎と、ルーティング、スイッチングの知識を問う問題が中心となるため、ネットワークの基礎を学習するためにも最適な構成です。シスコ社は世界トップシェアを誇るだけあって、ネットワーク構築をするにあたって必要な装置の大半がシスコシステムズ製品であったりもします。
シスコ社の技術者認定は、初級者向けからハイレベルにむかって、エントリー、アソシエイト、プロフェッショナル、エキスパート、アーキテクトという5段階に分類されています。ここで紹介しているCCNAは、2つ目のアソシエイトにあたる資格ですが、シスコ技術者認定のファーストステップとして位置づけられていてネットワーキングの基礎レベルとなっています。ぜひここからチャレンジしたいところですが、少し難しいなと感じる人はその手前のエントリーからチャレンジするのも良いでしょう。

ネットワーク技術学習の基盤にも適した資格

CCNAを取得するための学習は、ネットワーク技術の基礎を習得するために最適な内容といえます。ネットワーク技術を理解するための基盤づくりを目的として、プログラマやSEなども対象にチャレンジさせる企業もあります。最近では、IT未経験者の受験も増えているといいます。エンジニアの数が不足している今、CCNAにチャレンジ・取得することで、ネットワークエンジニアとしてのキャリアをスタートさせるきっかけにできる資格でもあります。この資格を持つことによって、未経験者がネットワークエンジニアへの転職を成功させるためには大きな武器となることは間違いありません。

人気の記事