転職志向者集合!ネットワークエンジニアになるには

仕事概要をご紹介。ネットワークエンジニアとは

ネットワークエンジニアという仕事

ネットワークエンジニアという仕事

ネットワークエンジニアとは、ネットワークインフラを設計したり構築したりして運用管理するエンジニアのことです。その中でも代表的なネットワークの仕事を説明します。

設計

顧客が求めるシステムをコストや効果のバランスに気を使いながら設計し提案します。この仕事では提案書をもとに説明し、納得いただかなくてはならないため魅力的な話術が求められます。顧客が求めているシステムがどのようなものなのかを収集し、それに沿うような提案をしないと受注してもらえないからです。また常にネットワークに関する最新情報をチェックし、それを扱えるスキルと様々なメーカーの機器についての知識があることも重要です。提案する際に十分な知識がないと説明できませんし、不適切な機器を用いて設計してしまっては実際に構築する段階になって大変な問題になってしまいます。様々な知識とそれを扱えるスキル、説明したり説得したりできる話術が求められる大変な仕事ではありますがそれだけ達成感があります。

構築

機器の配置や設定を考え、上手く機能するか試します。この仕事は通常チームで行い、顧客の所へ出向き、リーダーの指示で時間内に作業を完了させる必要があります。すべての作業を現場で行うため、当初の設計書通りにはいかないこともあります。工事が計画通り進んでいなかったり、ケーブルの長さが足りなかったり、そもそも設置予定の場所に置けなかったりと想定外の問題が起こり得ます。しかし、そういうときにもその場にいる人で何とか時間内に解決することが求められます。構築という作業自体は設計書があれば誰でもできるため、いかに美しく仕上げられるか、という点で差が出てきます。美しくというのは具体的にいうと、機器にホスト名やIPアドレスなどを記載したラベルをはったり、配線ケーブルをまとめてどの機器に対応するものなのか分かるようにしたりするといった配慮をすることです。もっとも職人的な仕事であるともいえます。

運用管理

ネットワークの構成を変えなければならないとき、機器の設定を変更したり構成を変更したりします。例えば、人員の増員によるスイッチやセグメントの増加などがそうです。変更するところだけでなく、全体図を見て管理しなければ部分部分でちぐはぐなネットワークになりかねません。それに加えて、普段のトラフィックを監視し必要に応じて回線を増強したり機器を交換したりすることも検討します。調査してみると、原因はネットワークではなくてサーバだったということもあるので、多岐にわたる面からトラブルを調査していく必要があります。ネットワークの構成図をもとに一つひとつ通信をたどっていきます。

人気の記事